ご飯の誘い方とは?LINEで男から誘う際のコツを例文付きで紹介!

ご飯 誘い方 line 男から

 

「好きな女性とご飯に行きたいけど、LINEでどんな誘い方をしたらいいんだろう。」

 

最近親しくなった女性をご飯に誘うとき、男からどう誘えばいいのか迷ってしまいますよね。

いきなり誘って断れたら気まずいし、失敗したくないと思う男性は多いはず。

 

そういうわけで今回は、『男からLINEでご飯に誘ってOKをもらえる方法』を例文付きでご紹介していきます!

さらに、絶対NGな女性に嫌われるデートの誘い方の特徴もお話していますので、ぜひ参考にしてください。

 

これは断言できますが、モテる男性だから女性が食事に応じてくれるのではありません。

誘い方が上手だから狙った女性と付き合える。

 

だからこそ、LINEでの誘い方をマスターして、好きな女性を彼女にしてやりましょう!

 

モテるご飯の誘い方とは?LINEで男が誘うコツを例文付きでご紹介

モテるご飯の誘い方とは?LINEで男が誘うコツを例文付きでご紹介

 

では、男から好きな女性をLINEでご飯に誘う際、どんな送り方をすればいいのでしょうか?

具体的に女性が喜んでついてくる誘い方のポイントと内容を例文付きでご紹介していきます!

 

女性の好意サインが出てから誘う

 

まず結論から言うと、女性の好意サインが出てから誘う、がOKをもらえる1つ目のコツ。

 

と言うのも、実は狙った女性と付き合える男性ほど、相手から「誘ってほしいサイン」を引き出すのが上手なんです。

そう、食事やデートに誘う行為とは決して博打ではあってはいけません。

 

だからこそ、ご飯に誘うまでに彼女との仲を深めたり、男として良い印象を抱いてもらう。

そういった関係作りによって誘いの成否がほぼ決まってくると思って下さい。

 

とはいえ、好きで好きでしょうがないレベルまで好意を高める必要はないのでご安心を。

LINEでも対面の会話でも、バカ話で盛り上がったり、ちょっとした語り合いができるくらいで大丈夫です。

 

女性って「男としてアリ」と思ってる相手には、必ず男性が誘いやすくなるようなお膳立てをしてくれるもの。

具体的なLINEの例文は以下のようなパターン。

 

「最近、お肉食べてなーい!」

「今何してるの?」

「話したいけど、LINEじゃ言いづらい」

「ストレス溜まってる」

 

女性としては、ここからちょっと会話を伸ばして男性から誘えるように仕向けたいわけです。

そのサインを見逃さないことが大切ですよ。

 

自然な流れや盛り上がったタイミングで誘う

 

LINEで男からご飯を誘うコツ、2つ目は自然な流れや盛り上がったタイミングで誘うことです。

女性からサインが出るのを待つだけが全てではありません。

 

タイミングを見極めて上手に誘うことができれば、女性は思わず誘いに応じてくれるケースは多いです。

むしろ「この人、誘うの慣れてるなー!」と思ってくれるので好感度アップに繋がります。

 

と言うのも、女性はやっぱり余裕のある男、女性の扱いがうまい男が好きなんですよね。

女性を誘う瞬間とはモロにそれが出るシーンなのでチャンスと言えます!

 

たとえば、LINEでのキャッチボールが高速でポンポンポン!と続いたり、自然と長文を送り合っていた。

そんなタイミングで例えば、

 

女「うんうん、そうだね。」

男「もうさ、ビール飲みながら愚痴大会でもしよう笑」

女「するする!笑」

 

と送れば、流れるように女性もOKを言いやすいので、気軽に誘ってみてください。

 

また、盛り上がれる自信がなくても大丈夫。

その場合は、ご飯に誘うための「自然な流れを作ること」だけを意識しましょう。

 

脈絡もなくご飯に誘ってしまうと、『この人、誘い慣れてないんだろうな』と思われてしまいます。

そうなると、『一緒に食事しても気を遣いそう…』とマイナスな気持ちを抱くので注意。

 

流れといっても難しいことをするのではなく、誘う前に以下のようなメッセージを挟むだけでOK!

 

「最近は仕事忙しい?」

→「じゃあ、今度飲みに行こうよ!」

「そろそろ解除だね!」

→「今度美味しいもの食べに行こうよ!」

「最近遊んでる?」

→「じゃあ今から誘いますよ笑」

 

こういったシンプルな前置きから入ること。

当然女性も勘がいいので、質問をした瞬間には『もしや、そういう流れかな?』と察してくれますよ!

 

ご飯の誘い方はLINEでもストレートに誘うべし

 

自分からは女性を堂々と誘えない、そんな男性も多いですよね。

ただやはりご飯でも遊びでも、女性を誘うならストレートに誘えるようになりましょう!

 

断られることを恐れずに、流れに沿って気持ちよく誘うことができれば、女性は男らしさを感じてくれます。

それに悪い気もしませんし、何より好感度アップに直結するんです。

 

なぜなら、ほとんどの男性がストレートに誘えないからです。

男らしくストレートに誘えるだけで、他の男性との差別化にもつながるので良いこと尽くしと言えるでしょう。

 

以下の例文のように、チャンスと思ったら気持ちよく誘うとポイントが高いです。

 

女「最近ネイル行ってきた〜!」

男「おお、いい感じになった?」

女「うん、いい感じになりました!」

男「見たい!じゃあ今度ご飯行こう」

女「ぜひ!」

 

そもそも女性は、実はあなたが誘う前から誘ってくることは大体予測してるんですよね。

だからこそ、「断られるのを恐れていない姿勢」がはっきりと伝わる誘い方が大切!

 

こんな誘い方はNG!女性に嫌われるLINEでの誘い方とは?

こんな誘い方はNG!女性に嫌われるLINEでの誘い方とは?

 

では、逆に女性に嫌われてしまうLINEでの誘い方にはどんなものがあるのでしょうか?

 

実際に好きな女性を落とせない男性ほど、誘い方が下手という特徴があります。

具体的にどのような特徴があるのか、早速見ていきましょう。

 

LINEでいきなり食事に誘う

 

女性に嫌われてしまうLINEの誘い方、1つ目はいきなり食事に誘うケースです。

大して盛り上がってるわけでもなく、とくに流れのないお誘いには、女性もOKを出しづらいもの。

 

具体的なLINEの例文は以下の通りです。

 

「やっほー!今度の土日って空いてる?ご飯行こうよ!」

「おっす!今暇?◯◯で飲んでるだけど、来ない?」

 

このような誘い方を考えていたなら、絶対にやめましょう。

もちろん、彼女とそれなりに信頼関係があって、よく遊ぶ仲なのであればこれでもいいかもしれません。

 

ですが大抵の場合、上記のような誘い方をすると『なんか雑だなぁ。』とか『私のこと、男友達のつもり?』

こういったネガティブな印象を植え付けてしまいます。

 

そもそも女性は、TPOに合わせて着ていく洋服を考えたり、メイクしたりと準備に時間をかけたい子が多いです。

にも関わらず、いきなり食事に誘ってしまうとどういう気持ちになるでしょうか?

 

『今から?面倒くさいな。』『もっと早く言ってよ。』など、不満になりやすく断られやすいですよね。

それに女性の扱いにも慣れてない印象を与えてしまうので、最終的に付き合いにくくなるリスクがあります。

 

もしくは、彼女ではなく単なる友達ルートに入ってしまう可能性が大。

 

でも好きな女性なら、自分の前ではいつも綺麗であって欲しいじゃないですか。

だからこそ、とくに最初のうちはいきなりではなく事前に誘うことをオススメします。

 

相手の顔色伺いをするような誘い方

 

ご飯にしても遊びにしても、男性の誘い方が「相手の顔色伺い」になってしまうのはよくありません。

なぜなら、決定権を委ねるような言い方をする男性には、女性も魅力を感じづらいからです。

 

多くの女性は、常に男性に程よくリードされたいと思っています。

なので、よくある以下のようなLINEの例文、

 

「これからどうしよっか?」

「よかったら、ご飯食べに行こうと思うんだけど、どうかな?」

 

このような誘い方をしてしまうと、女性からすれば『まどろっこしいなぁ…』とイライラさせてしまいます。

丁寧で気を遣った誘い方というのは、逆に相手に気を遣わせる行為だと覚えて下さい。

 

LINEではなくメール全盛期よりもずっと昔から、女性は男らしい人が好きという事実は変わりません。

女性にOKを貰えるか不安なときこそ、シンプルにストレートに誘いましょう。

 

男性は「ドーンと誘う」くらいでちょうど良いんです。

誘い方を男前なやり方に変えて、女性に誘うことに慣れるだけで、狙った女性から誘われるようにもなりますよ!

 

まとめ

ご飯の誘い方とは?LINEで男から誘う際のコツを例文付きで紹介!

 

男からLINEで好きな女性をご飯に誘うとなると、不安になる人も多いです。

ですが、そんな時こそストレートに流れに沿って気持ちよく誘いましょう。

 

ほとんどの女性は、あなたが誘う前から『誘われるだろうな。』というのに何となく気付いているんです。

だったら、怖いものは何もないじゃないですか。

 

断られることを恐れずにドッシリ構えて、『ご飯行こうよ!』と明るく送ればOK。

むしろ、顔色伺いをするようなまどろこっしいLINEは、女性が最も嫌う誘い方だと覚えておいてください。

 

難しいことをしようとせず、ストレートに誘えば女性は喜んで応じてくれますよ!

そうすれば、好きな女性を彼女にすることだってできるんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です