モテるラインの返し方!モテる男のうまい返し方の4つのポイントとは?

モテるラインの返し方!モテる男のうまい返し方の4つのポイントとは?

 

「LINEのうまい返し方を知りたい!返信が思いつかない時モテる男はどう返すんだろう?」

 

気になる女性とLINEで盛り上がりたいけど、どう返せばいいんだろうと悩む男性は多いですよね。

好きな人だから間違った返し方をしたくない…。

 

このような疑問や悩みが出てくると思います。

 

そういうわけで今回は、モテる男のLINEの上手い返し方の特徴を4つご紹介します。

さらに、上手い返し方を覚える前の『気をつけたいポイント』も伝授しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

そう、単にモテる男の返し方を形だけ真似してもダメ。

 

なぜなら、それだと不自然になってしまい、女性に丸っと見抜かれてしまうからです。

だからこそ、女性が好むLINEの返し方を理解して、好きな女性を夢中にさせてやりましょう!

 

LINEのうまい返し方!男のモテるラインの返し方4つの特徴とは?

モテるラインの返し方!モテる男のうまい返し方の4つのポイントとは?

 

早速、モテる男のLINEのうまい返し方をご紹介していきます。

結論から言うと、以下の4つを意識してください。

 

  1. LINEは相手が負担にならない文字量で送る
  2. スタンプ、絵文字、顔文字は基本的に使用しない
  3. 3回に1回は質問を入れる
  4. なんて返したらいいかわからない時は無理に返さない

 

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

LINEの返し方は会話感覚で!相手が負担にならない文字量で送る

 

LINEの上手い返し方の特徴1つ目は、「相手が負担にならない文字量で送る」です。

返し方が上手な人ほどLINEを『文章』ではなく『会話』感覚でやりとりしています。

 

一昔前のようなメールと同じ感覚だと、どうしても文章が長くなってしまいます。

それだと、最近の女性にとって重たい印象を与えてしまうんですよね。

 

なので、基本的には短文で1行以内、見た瞬間に読める文字量に留めておくのが無難。

会話と同じ感覚だから返信に困ることなく自然と返せるようになる、というわけですね。

 

それに無駄に長文だと、相手からすれば読むのも大変。

大変だから「もういいや」と既読スルーされてしまうので、常にシンプルな言葉選びを心がけましょう!

 

スタンプ、絵文字、顔文字は基本使用しない!

 

女性に好かれるLINEの上手い返し方、特徴2つ目は『スタンプ、絵文字、顔文字など装飾は使わない』こと。

これは結構悩む人も多いのではないでしょうか。

 

好きな人とのLINEで張り切り過ぎて、ついついスタンプを連発したり。

たしかに、LINE初期の頃はブームもありましたが、今はイタイ感じで映ってしまいます。

 

スタンプだけじゃなく、絵文字や顔文字をたくさん使う男をドン引きする女性は多いです。

相手も使ってくるタイプで、流れでたまに使うくらいの意識でOK!

 

ただし、使うにしても無料で手に入るスタンプがおすすめです。

わざわざ買いました感が出るスタンプだと、冷められる可能性があるのでご注意を。

 

質問するタイミングが上手!3回に1回は質問を入れる

 

せっかく好きな女性とのLINEが始まっても、盛り上がらずドンドン返信が遅くなる。

こういった経験も多いと思いますが、「3回に1回は質問を入れる」ことが大切です。

 

というのも、女性は適度に興味を示してあげないと「この人、私に興味ないんだな」と感じてしまうからです。

興味がないとわかると、相手も盛り上がりに欠けてしまいますよね。

 

そう、上手なタイミングで質問することは、そのまま会話力に大きく影響します。

つまり適度に質問すると、気になる女性との会話も思い通りに盛り上げられるのです。

 

また、先ほどもお伝えしましたが、LINEとは会話の延長です。

なので、1つの話題をだらだらと続けても飽きられてしまいます。

 

そこで、なるべく早い展開を意識して「3回に1回」は質問を入れていきましょう。

そうすれば、誰とでも必ずLINEが続くようになりますよ!

 

【※アプローチ失敗から逆転したい方へ】

【最短2週間】振られた、既読スルーされた女性を落とす逆転の成功法則とは?

 

大丈夫、wwwなど返信に悩むLINEの返し方!無理に返さない方が吉?

 

意外にも、LINEが上手な男ほど女性からの返信を返さないこともあるのです。

むしろ、キリの良いところで積極的に既読スルーしています。

 

例えば、女性から「了解!」とか「大丈夫」などのLINEが来たタイミングで。

そもそも、無理に返そうとする必要なんてないんですよ。

 

女性だって、コミュ力が高くて付き合い上手な人がほとんどです。

LINEを送れば返してくれますが、内心では「もう終わらせたいな」と思ってることも少なくありません。

 

だから、あなたが工夫をしないとLINEが続かないような状況なら、あえて何もしないでOK!

また日を空けて、適当なタイミングで送れば良いのです。

 

そうやって「適度にそっけなく、適度に空気を読んでくれる」印象を残すことを優先しましょう。

その方が、女性からしても付き合いやすいと感じますからね。

 

また、男側の視点ばかりではなく「LINEを無視する女性心理」を正しく知ることも大切。

というのも、男女問わずモテる人ってラインに対する考え方がかなり近いからです。

 

それに、女性がどういうときに無視したくなるかを知っておけば、未然にLINEでの失敗を防ぐことにも繋がります。

詳しくは下記のページでご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

LINEを返さない女性は脈なし?ラインが返ってこない理由と対処法!

 

モテる男のラインはそっけない?LINEの上手い返し方を覚える前に!

モテるラインの返し方!モテる男のうまい返し方の4つのポイントとは?

 

モテる男のラインはそっけない?当たり前の会話を大事にしよう

 

女性にモテる男のラインはそっけない、と聞いたことがある人も多いと思います。

あながち間違っていないのですが、実はあまり鵜呑みにしない方がいいです。

 

なぜなら、空回りしてしまう危険があるからです。

 

とくに女性経験が少ない方ほど、そっけなさだけを真似しても上手くいかないでしょう。

女性からすれば「ん?」とか「感じ悪いなぁ」と思われ、嫌われてしまうことも。

 

まずは男として、適度に好意を示してあげるのも大事です。

もちろん、がっつき過ぎるのもダメですが、そっけなさ過ぎるのもよくありません。

 

何ごとも土台やバランスが基本ですよ。

確かに、上手にコミュニケーションを取りたいという考え方は素晴らしいですが、

 

  • 「ちゃんとあなたに興味がありますよ」
  • 「当たり前の会話もできますよ」
  • 「適度に空気も読めますよ」

 

こういった、基本のやりとりを抑えた上でのテクニック。

女性からのLINEの返し方に迷うのは、「王道の会話」を知らないだけです。

 

それなのに、そっけなく返したり、捻ろうとしても100%自爆するでしょう。

LINEで盛り上げるためには『段階』があるので、自分のレベルに応じてやるべきことを見極めてください。

 

基本を抑えれば、女性のLINEの返し方で迷うことはなくなるはずです!

 

【※本気で落としたい女性がいる方へ】

振り向いてくれない女性の恋愛感情に火をつけ、狙った通りに落とす方法

 

女性がもらって嬉しいLINEの返し方!相手の癖を見極めること

 

これまで、上手いLINEの返し方の特徴をご紹介してきました。

ですが何よりもまず、その女性が好む文字量・返信の頻度などを彼女の書き方からじっくり見極めてください。

 

要するに、狙っている女性の送り方に合わせるんです。

多くの女性は、短いやり取りを好みますが、中にはだらっと語りたい子もいます。

 

語りたいタイプの子に、短いメッセージばかり送っても関係は深まりません。

物足りなさを感じさせ、「合わないな」と思われてしまうでしょう。

 

なので、LINEの返し方を全て同じようにしないこと!

きちんと目の前の女性を見て、その子に合った返し方ができる柔軟さこそ、モテるための秘訣なんです。

 

まとめ

モテるラインの返し方!モテる男のうまい返し方の4つのポイントとは?

 

気になる女性とLINEで盛り上がりたいけど、上手い返し方が思いつかないことも多いですよね。

女性を夢中にさせている男の送り方の特徴をまとめると、以下です。

 

  1. LINEは相手が負担にならない文字量で送る
  2. スタンプ、絵文字、顔文字は基本的に使用しない
  3. 3回に1回は質問を入れる
  4. なんて返したらいいかわからない時は無理に返さない

 

LINEの使い方が上手になればなるほど、女性と仲良くなれるのは間違いありません。

ですが、細かなテクニックよりも『王道のやりとり』で盛り上げることが大切。

 

無理に、上手い返し方で女性の気を引こうとしなくていいんです。

あなたが工夫をしないとLINEが続かないような状況なら、あえて何も返さなくてOK。

 

また日を空けて、適当なタイミングで送ることも一つの手です。

ぜひLINEを使いこなして、気になる女性を夢中にさせてやりましょう!

 

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。