追撃LINEが嬉しい女性はいる?追いラインを送ってしまったら?

追撃 line 嬉しい

 

「追撃LINEが送られてきたら嬉しいと思ったんだけど、女性の本音はどうなんだろう?」

 

気になる女性からLINEが返ってこないと、催促しようか悩む人も多いですよね。

でも、追いLINEはよくないと言われつつも、相手の気持ちが気になってしまう。

 

このような悩みや疑問が出てくると思います。

結論から言うと、どんな事情があっても追撃LINEは絶対に送ってはいけません。

 

コレは断言できるのですが、追撃LINEは百害あって一利なし。

そういうわけで今回は、追撃ラインを嬉しいと感じる女性なんて存在しない理由をご紹介していきます。

 

さらに、『追いラインを送ってしまったり、返事が返ってこない場合の対処法』も伝授していきます。

便利なツールですが、女性とのLINEの心構えを間違えると、嫌われてしまう原因に。

 

だからこそ、正しいLINEの送り方を理解して、気になる女性をモノにしてやりましょう!

 

追いラインとは?男からの追撃LINEが嬉しい女性はいない?

追いラインとは?男からの追撃LINEが嬉しい女性はいない?

追いラインとは?相手に気持ち悪い印象を与えてしまう行為!

 

追いラインが嬉しいと感じる女性はいないと断言できる理由1つ目は、気持ち悪い印象を与えるからです。

男からの追いラインとは、なぜ女性に嫌われてしまうのでしょうか。

 

なぜなら、どんなに平然を装ったメッセージを送っても、女性は言葉通りには受け取らないからです。

 

例えば、以下のようなよくある追撃ライン。

 

男「おーい、忙しいのかな?」

↓↓↓

男「(どうして無視するの?返信する時間くらいあるでしょ?そんなに俺のこと嫌いなの??)」

 

というように、あなたの意思とは関係なく、女性はこう直訳して受け取るんですね。

これでは余裕のない印象を与えてしまうので、彼女はドンドン冷めてしまいます。

 

最悪の場合、気持ち悪い印象を与えてしまい、ブロックされてしまうでしょう。

 

返信するつもりがあっても追いラインで怒らせてしまう

 

追いラインをしてはいけない2つ目の理由は、もし返信するつもりがあっても怒らせてしまうからです。

女性のほとんどは、男性が考えている以上に忙しいものなんですね。

 

とくに夜なんかは、日々の肌ケアやヨガ、髪の手入れやメイクなどなど。

興味のない男性とやりとりするよりも、女としてやらなければならないことがたくさんあります。

 

それだけじゃなく、映画を観たり、本を読みたい女性だっているでしょう。

であれば当然、LINEの返信が後回しになることも少なくありません。

 

なので、「単に返信を忘れてしまった」という理由だったとしても、1〜2日で催促されるとどうでしょうか。

そう、女性はカチンときてしまいます。

 

「なにこの人…返すつもりだったのに。相手の気持ちとか状況を全然考えれない人なんだな。」

 

というように悪い印象を与えてしまうので、追いラインをすると挽回が絶望的な状態になるというわけですね。

 

デートしても楽しくない男だと見切られてしまう

 

さらに、追撃LINEを送るような男性は「遊んでも楽しくない人」という印象になりやすいのです。

女性は、簡単に人に催促してしまうような男性とデートしたいとは思いません。

 

自分勝手な人と遊んでも楽しくない=遊んでもムダという心理になる傾向にあります。

なぜなら、彼女たち自身の『感覚』と合わないからです。

 

感覚が合わない相手とは、当然フィーリングが合わないので、関係を深めたいとは思いにくくなります。

さらに、数日返信がないくらいで焦ってしまう余裕のなさや必死な姿は大きなマイナス。

 

一気に引かれてしまい、いわゆる非モテ男フォルダーに分類されてしまうのでご注意を。

 

実は予防策としてスルーしている

 

これは意外に知られていませんが、予防策としてスルーしている女性もいます。

職場や学校など身の回りの女性ではなく、マッチングアプリやナンパなどの出会いの場で知り合った子に多いです。

 

つまり、連絡先を交換した後は「ストーカー気質の男」予防として、あえて返事を遅くしているんですね。

その場の流れで交換しても、時間が経つと女性はだんだん不安になるもの。

 

その女性の思惑通りに連絡をしてしまうと「あー、やっぱりやめとこう」というわけです。

 

モテる女性ほど「アリ・ナシ」の判断が早い

 

あなたが狙っている女性が魅力的であればあるほど、男として「アリ・ナシ」判定は手厳しいもの。

なぜなら、魅力的な女性にはアプローチしてくる男性が多く選びたい放題だからです。

 

つまり、わざわざ「面倒くさい男性」を相手にする理由はありません。

ぶっちゃけ、モテる女性であれば、常に5人以上の男性とLINEをしていると思った方がいいですよ。

 

以上の理由から、追撃LINEを嬉しいと思う女性なんて存在しないと思ってください。

本気で脈なしの女性と付き合いたいなら、むしろ連絡しない方がいいのです。

 

追撃LINEよりも嬉しい送り方!追いラインをしてしまったらどうする?

追撃LINEよりも嬉しい送り方!追いラインをしてしまったらどうする?

追撃ラインが成功しても女性を落とせない?

 

ちなみに、未読スルーや既読無視された後に追撃LINEをして成功することもあります

つまり、女性から返信があるケースもあるんです。

 

すると、多くの男性は「なんだほら、やっぱり大丈夫じゃん!」と思いがち。

ですが、実際のところは全く大丈夫なんかじゃありません。

 

「ちょっと怖いな…、恨まれても困るから、適当に返信して誘われたら断るようにしよう」

 

これが女性の本音で、単に対処を切り替えただけなので勘違いしないようにしてください。

これでは、いくらアプローチしても逆効果にしかなりませんから。

 

追撃ラインが成功するかどうかよりも、女性目線に立って追いラインよりも喜ぶ送り方を身につけましょう。

 

既読無視でも男から追撃ラインは送らず放置!3週間後に再チャレンジ

 

女性から既読無視された場合、追撃LINEがNGなのはすでにご紹介した通り。

基本的には、余計なことを何もせずに3週間ほど寝かせましょう。

 

大丈夫、追撃ラインさえ送っていなければいくらでも挽回できますよ。

なぜなら、あなたに対する印象がガラリと変わるからです。

 

例えば、最初の未読スルーや既読無視に対して、あなたがグッと我慢をして放置しているとします。

 

すると、女性からすれば「意外と淡白な人なんだな」と、余裕のある印象を抱きます。

さらに意外性や新たな一面を感じ取るので、次回の返信率が上がるんです。

 

では、そこから3週間〜1ヶ月ほどあけて、軽い質問LINEを送るとどうでしょうか。

そう、「もう一回やりとりしてみようかな?」という気持ちまで戻るんですね。

 

なので、返信がこない女性に対しては追撃LINEではなく、放置するようにしましょう!

 

ただし、同じような失敗を2度すると、好かれるのがさらに難しくなってしまいます。

できれば、次で確実に男としてアリと思ってもらえる印象までは持っていきたいところ。

 

その方法は決して難しくないので、下記の「女性に好かれるLINEの上手い返し方」を学んでおいてください。

じっくり準備しておけば、女性の食いつきは見違えるよう良くなりますよ。

 

LINEの上手い返し方!男の上手な送り方の特徴4選を徹底解説!

 

既読無視されて追撃ラインを送ってしまった場合は?

 

では、すでに既読無視された女性に追撃ラインを送ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

これも同じように放置するしかありません。

 

これ以上は関係を悪化させたり、印象を悪くしないように一切のアプローチを控えましょう。

返信がくる可能性はもちろん低いので、とにかく距離を置いてください。

 

というのも、人は時間が経てばマイナスの印象や記憶が薄れていくものだからですね。

なので、1ヶ月ほど冷却期間をおいてからアプローチすれば、元通りになっている可能性があります。

 

その間は、「最初からLINEを無視されないコミュ力」を身につける努力をしましょう。

というのも恋愛とは、あなたが女性目線で考えれなかったときに、必ずミスするものだからです。

 

だからこそ、まずは「あなたのLINEを無視する女性心理」を正しく知ることが大切。

下記のページで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

LINEを返さない女性は脈なし?既読なのに返さない理由と対処法!

 

まとめ

追撃LINEが嬉しい女性はいる?追いラインを送ってしまったら?

 

残念ながら、追撃LINEが送られて嬉しい女性はいません。

というのも、基本的に追撃ラインを送ってくる男性に対して、ネガティブな印象を抱くからです。

 

どんなに気をてらった内容や送り方をしても、追いラインは逆効果にしかなりませんのでご注意を。

返信が返ってこない場合は、余計なことはせずに放置するのが正解です。

 

3週間ほど期間を空けて、気軽な質問メッセージを送れば、普通に返ってくるので安心してください。

どれだけ脈なしであっても、追撃ラインさえ送らなければいくらでも挽回できますから。

 

正しい送り方をマスターして、気になる女性を振り向かせましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です